今日は立春!立春とはなんぞや

Sponsored Link
Sponsored Link

今日2月4日は、立春です!

春

 

立春てなに??

■立春の時期
立春は、節分の翌日。2月4日頃。
2015年の2月4日はとても寒いけど、一応暦の上では、今日から春に入ったということです!

旧暦では、立春からが、一年の始まりだったそう。

このため、立春を基準にして決められているイベントがあります。
1、節分
立春の前日にやります。
立春が正月、節分は大晦日の役割を持ち、一年間の厄払いをするため豆まきを行うのです!
豆まきでは、年齢の数+1だけ、豆を食べなさいって言われますよね。

年齢の数食べるのは、「年齢と同じ数だけ福を身体に取り入れる」という意味があるそう。
+1個するのは、「来年も健康でいられますように」という願いを込めてだそう。

あと、豆も落花生ではなく、大豆がいいそうです。
(実家では、いつも落花生をお父さんに投げていましたw)

2、八十八夜
立春から数えて88日目は、このような名前がついています。
この日に摘んだお茶の葉は霜をかぶらないので、高級品なんだそう!

3、二百十日
立春から数えて210日目は、台風が襲来する可能性が高い日だそう。
200日と言ったら大体7か月くらいだから、9月くらいになるのかな。
確かに、9月は台風多いですね!

4、二百二十日
立春から220日目は、台風が襲来する可能性の高い日とされています。

え!?200日とあんまりかわんなくない!?って思ったけど。
昔の人は、天気予報もなかったわかで、こういう情報が重要だったのかな。
台風なんてきたら、農作物みんなダメになっちゃうしね。

 

 

というわけで、立春についての話題でした~。
調べてみると結構おもしろいですね。

文化って当たり前に溶け込んでるから、なんでそういう文化があるのか?って
考えないけど(節分とかね)、ちゃんと意味があるからおもしろい。

Sponsored Link